リンク広告

スポンサーリンク


クラウンキリーの飼育は水流、水質に注意!餌、混泳にオススメの魚、餌、価格はどれぐらい?

更新日:


クラウンキリーという熱帯魚を一言でいえば「トラ柄のメダカ」でしょうか。

西アフリカの卵生メダカなのですが、黄色い体に黒い縦縞。
尾には赤や青のきれいな模様があり、それが火を噴いているように見えるところから「ロケットフィッシュ」と呼ばれることもあります。

日本のメダカとはだいぶ趣が変わっており、飼い方も少し異なります。
今回はそんなクラウンキリーの性質と飼い方についてお教えしましょう。

スポンサーリンク

クラウンキリーってどんな魚?

クラウンキリーは愛称で、シュードエピプラティス・アニュレータスとのが正式名称です。

「クラウン」は王冠ではなく道化師の意味で、派手な色合いから付けられたのでしょう。

大きさは4cmほどと、日本メダカと変わりません。

飼育魚としては性格はおとなしく、混泳もさせやすいのですが、やや神経質で水質変化に弱いのが気になるウイークポイントになります。

それでは詳しい飼育方法を見ていきましょう。

クラウンキリーの飼い方


クラウンキリーはアフリカ生まれの熱帯魚ですから、当然ヒーターを点けて飼うことになります。

基本的にはテトラなどの小型熱帯魚を飼うのと同じ要領で問題ありません。

ただし、クラウンキリー自体がそれほどタフな魚とはいえないので、配慮すべきこともいくつかあるのです。
細かなことは後述するとして、飼育そのものは難しい熱帯魚ではないということは覚えておいてください。

水質&水槽環境

クラウンキリーは水質変化には弱いのです。

好むのは弱酸性ですが、水換えなどをすると中性に変化することもあるので注意です。

水温の変化も苦手で、適温も22~25℃という狭い間になっています。

低温には多少耐えますが、高温はとにかく大嫌い。
極端な水温の変化にも気をつけましょう。

小さなクラウンキリーは小型水槽でも飼育可能ですが、大きさ的に最低でも10匹くらいは飼いたいところなので、水槽は45cmくらいがお勧めです。
他の魚と混泳させるならもっと大きな水槽が必要でしょう。

ヒーター、ろ過機は必須、できればエアレーションもあるといいですね。底砂や水草にはそれほどこだわりがありませんので、好みのもので大丈夫です。

水流に注意

強い水流が嫌いなクラウンキリー。
ろ過機やエアレーションが作る流れにも気を配ってあげましょう。

ろ過機の排水口にスポンジなどを取り付けたり、エアーの出方を最小にするなど、なるべく水を動かさない努力も大事です。

強い水流を嫌がって、水槽から飛び出すことも多いのです。この飛び出しでけっこう泣いている人がいます。

水槽に蓋をするのも対策の一つですが、それ以前にクラウンキリーが過ごしやすい水槽環境を作ってあげるのが最良なのです。

スポンサーリンク

餌は小型熱帯魚用のものを食べてくれます。

ただ、とても神経質で、環境に慣れていないうちは食いつきの悪いことがあるようです。
そのときは水槽にあまり構わず、クラウンキリーが慣れるのを待ちましょう。

数日待って、餌を与えると食べてくれると思います。体調も崩しやすいので、与えすぎないよう心掛けてください。

飼育の難易度

水質と水温に注意する必要はありますが、飼育は容易です。

やや面倒なメダカといった難易度でしょうか。小型水槽でもじゅうぶん飼えて、初心者にも手を出しやすい熱帯魚ですね。

混泳にオススメの魚&レイアウト


鮮やかなクラウンキリーは、水草が多いアクアリウムだと特に美しいでしょう。
岩や流木ともよくマッチしますよ。

混泳は大きさの近いどの魚とも可能ですが、上層・中層を泳ぐ熱帯魚とは縄張り争いが起こりやすい傾向があります。

水槽の大きさを考え、バランスの良い数で混泳させることです。
オトシンクルスなど低層を泳ぐ、おとなしい魚となら相性は抜群といえるでしょう。

価格

一匹500円以下というところでしょう。

やや高めに思えますが、最近はクラウンキリーも人気が出てきて、価格がだいぶ抑えられてきました。

数匹セットでいくらというように売られていることも多いですから、群れで購入するのがお得ですね。

寿命

最長でも2年から3年足らずになります。強い品種ではありませんから、天寿をまっとうさせるにはとにかく水質管理が肝心となります。

まとめ

和メダカの人気に伴って、海外産のメダカ種も注目が高まっています。
ちょっと変わり種のメダカとして、クラウンキリーを飼う人も急増中です。

やや面倒なところはありますが、最初の水槽の立ち上げと水合わせさえ失敗しなければ、クラウンキリーの飼育はそこまで難しくありません。

たくさんの人に、このきれいなクラウンキリーを楽しんでもらいたいものです。

アドセンス




アドセンス




-クラウンキリー

Copyright© アクアリズム │ アクアリウム、水槽、熱帯魚等の情報サイト , 2019 AllRights Reserved.