リンク広告

スポンサーリンク


身体が透ける魚!トランスルーセント・グラスキャットの飼育方法、水槽、混泳、餌について

更新日:


「半透明のグラス」という涼し気な名前を与えられたトランスルーセント・グラスキャット。

その姿は文字通りのシースルーで、神秘的で優雅な美しさを楽しめる熱帯魚です。

鮮やかな天然色の熱帯魚もいいですが、このトランスルーセント・グラスキャットのシックな感じも、水槽内を落ち着いた雰囲気にしてくれます。
落ち着いた雰囲気で大人が楽しむ熱帯魚といえるかもしれませんね。

今回はそんなトランスルーセントグラスキャットの飼育法などをご紹介します。

スポンサーリンク

トランスルーセントグラスキャットの生態


トランスルーセント・グラスキャットはナマズの仲間です。

とはいっても、普通のナマズのように水底でじっとしているわけではなく、群れになってよく泳ぎます。

骨が透き通って見えるほどの透明さが最大の特徴で、初めて見る人は驚くに違いありません。
頭部だけは普通で、ナマズらしい2本のひげもあります。

ちょっと長い名前ですが、グラスキャットといえばこのトランスルーセント・グラスキャットを一般的に指します。
飼育は容易でも、繁殖となると難易度はかなり上がります。

トランスルーセントグラスキャットの飼育方法


性格は温和で臆病なトランスルーセント・グラスキャットは群れを作ります。

そのために群れるだけの数で飼育するのが好ましいでしょう。
群れさせているほうが魚も落ち着き、ストレスを軽減させられますから。

ただ、個体は結構な大きさですから、なるべく大きな水槽で飼ってあげるのがいいでしょう。

それほど動く魚ではありませんから、飼う数を群れさせる広さがあれば大丈夫です。数が少ないといつも隠れていて、観賞の面白さも半減します。

水質などにうるさい熱帯魚ではないのですが、急激な水質変化は嫌がる傾向があり、下手な水替えなどは厳禁。

透明なためか、胸の辺りに脂肪の泡みたいなものができたり、尾が赤くなるなどの変化が目立つのですが、これは問題ありません。
水槽に馴染んでしまえば、わりと元気でいてくれます。

水槽環境

隠れたがりなので、水草などで陰になる場所を作ってあげてください。

また、小さな熱帯魚と混泳させるのであれば、その隠れ家としても使えるので必須です。

水温は25~28℃くらいの弱酸性~中性を好みます。
酸欠に弱いところがありますから、ろ過フィルターやエアレーションがあると安心かもしれません。

普段はのんびりと漂っているトランスルーセント・グラスキャットも食欲はなかなかに旺盛です。

普通のナマズのような大口ではないのですが、口に入るものはなんでも食べてしまいます。

浮いている餌はほとんど見向きもせず、沈下するものなら人工飼料でも冷凍のアカムシでもなんでも食べます。

あまり偏ると不調になることもあり、バランスよく種類の違う餌を与えるのが理想ですね。
夜行性ですから、消灯する頃に餌をやると食いつきもよいです。

スポンサーリンク

混泳に適した魚は?

トランスルーセント・グラスキャットは温厚なので、逆に食べられてしまうような大型肉食魚を除けばどんな熱帯魚でも混泳は可能です。

しかし、前述したように、口に入るサイズであれば小型の魚でもパクリと食べてしまう魚です。

ネオンテトラやグッピー程度の小型魚でも、オトナであれば食べられることはありませんが、それらの稚魚や小さなミナミヌマエビくらいだと見境なく食事にしてしまうのです。

とはいえ、これは性格的な資質というわけではなく、「口に入ってしまう」といった表現の方が正しいかもしれません。
どちらにせよ、混泳させる魚の大きさだけは気を配っておいてください。

※成魚でも3cm未満の大きさの魚は避けておいた方が無難です。

飼育時に気を付けたいこと

水質変化の苦手なトランスルーセント・グラスキャットを購入したら、水合わせは絶対してください。
同時に水替えも慎重に行う必要があります。

また、これはナマズ特有なのですが、病気にかかりやすいところがあります。

弱っているトランスルーセント・グラスキャットは色が白っぽくなり、自慢の透明感がくすんでくるのですが、これは水質が合わなくても起こります。
そんなときは水替えする、水温をやや高めに設定して様子を見るなどで対処してみてください。

大きさ


トランスルーセント・グラスキャットは15cmにもなることがある魚です。
ペットとして流通しているものなら8~10cm程度ですが、観賞魚では大きいほうでしょう。

寿命

上手に飼えば、3年から5年は生きてくれます。
病気には気をつけてあげて、長く観賞したいですね。

まとめ

トランスルーセント・グラスキャットは近年人気もあって、値段も一匹200~300円程度です。
最低でも5匹以上は飼ってあげれば、群れが水槽内をエレガントな雰囲気にしてくれるでしょう。

飼育は初心者でも大丈夫なので、あの透明感を楽しんでみてください。

アドセンス




アドセンス




-トランスルーセントグラスキャット

Copyright© アクアリズム │ アクアリウム、水槽、熱帯魚等の情報サイト , 2019 AllRights Reserved.