リンク広告

スポンサーリンク


金魚の代表種、琉金の主な種類~それぞれの特徴と違いとは?

投稿日:


小さな頭に大きなヒレを持つ琉金は、もっともポピュラーな金魚と言っても過言ではないでしょう。

一昔前まではそこまで種類が多くなかったのですが、最近では実にバリエーション豊かになり、今や柄や色だけではなく、尾の形や鱗の様子なども多様化しています。

数ある品種の中にはとてもかわいらしいものから趣深いものまで様々な見た目の個体があり、老若男女問わず幅広い層の方々から愛されています。

そんな奥深い琉金について、基本的な特徴と、どういったバリエーションがあるのかをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

琉金ってどんな金魚?

フナのような体形が特徴的な「和金」と呼ばれる種類の金魚から、突然変異で生まれた尾ビレの長い個体を固定した品種が琉金です。ぼってりとした逆三角形の体に小さな頭、三尾や四尾の大きな尾ビレが特徴です。

中国から沖縄(琉球)を経由して日本に持ち込まれたことから「琉金」と呼ばれるようになりました。

水の中を優雅に泳ぐ姿は横から見ても上から見てもかわいらしく、ついつい時間を忘れて眺めてしまう方も多いでしょう。

飼育難易度はそれほど高くないので、金魚初心者でも気軽に飼育を楽しめます。
色彩や体形が豊富なことから、金魚の品種の中でも特に人気が高く、琉金専門の品評会も開催されています。

ホームセンターなどで販売されている琉金は価格がお手頃で入手しやすく、その人気に拍車をかけています。

関連記事:琉金は飼育が簡単だけど混泳と餌の量には注意~オスとメスの見分け方、大きさ、寿命は?

琉金は種類が豊富

一言に琉金といっても、色彩・尾の形・体形によって実に豊富な種類分けがなされています。

色彩で区別される品種には、紅白の鮮やかなコントラストが映える「更紗琉金」、メラニン色素がない「アルビノ琉金」などがあります。

尾の形や体形で区分される品種には、反り返った尾ビレが優雅な「土佐金」、長い吹き流し尾が見事な「玉サバ」などがあります。
その他にも、半透明~透明な鱗を持つ「桜琉金」という品種もいます。

今後も愛好家による品種改良でさらに多くの品種が生み出される可能性は十分にありますので、目が離せません。

更紗琉金


「更紗」とはインドが起源の木綿に着色して様々な柄をつけたものですが、更級琉金は赤と白の紅白柄のものを指します。

更紗琉金のなかで、頭の上部のみが赤くなる品種を丹頂と呼ぶこともありますが、体形は関係なく、紅白柄の琉金はすべて更紗琉金と呼ばれています

赤い部分と白い部分が刃物で切ったようにはっきりと分かれている個体はとても美しく、価値が高いです。
ショップで選ぶときはこのような個体を選ぶようにしましょう。

価格も安価なので金魚の入門種としてもおススメです。

一般的なホームセンターなどでも売られていて、値段は1匹300~500円程度。

桜琉金


更紗琉金の中でも鱗が透けている透明鱗のものを「桜琉金」と呼びます。

透明鱗とは表皮と真皮の間にある光彩層がないため、光を反射せず体内が透き通って見える鱗のことです。
つまり、鱗がキラキラしていません。

透明鱗から透けて見える赤色が桜のように柔らかな色彩を持つため、「桜琉金」と名付けられました。

桜琉金は華やかでありながらかわいらしさも兼ね揃えた美しい金魚ですが、流通量が少ないため、なかなか出会えない上に少し高価です。

購入する場合は金魚専門店などで探してみてください。

スポンサーリンク

キャリコ琉金


3色(赤・藍・黒)の色彩を持つ琉金を「キャリコ琉金」と呼びます。

明治時代にアメリカ人の依頼で作り出され、「まだら(斑)」を意味する「calico」から「キャリコ琉金」と名付けられました。

現在でこそメジャーな品種ですが、当時は輸出向けとして生産されていたので、日本人にはあまり馴染みがなかったといいます。

体と鰭の部分に程よく黒色の入った個体が良質とされています。現在では流通量が多く、よく目にする金魚でもあります。
基本的に価格は安価ですが、柄や形のいいものは数万円します。

だるま琉金


だるまのような丸い体形をした品種を「だるま琉金」と呼びます。

だるまを寝かせて上から見た姿と似ており、玉のように丸いほど良い個体だと言われています。

尾鰭が短いほど体の丸みが引き立てられ、重宝されます。流通量はそれほど多くなく、価格はやや高めです。

似たような品種に「玉サバ」や「福だるま」と呼ばれるものがありますが、こちらはサバ尾をした琉金のことでだるま琉金とは全く違いますのでご注意を。

1匹500~5,000円と差があります。

ブロードテール琉金

丸みを帯びた大きくて長い尾鰭が特徴的な琉金を「ブロードテール琉金」と呼びます。

土佐金と琉金をかけ合わせることで作り出された品種です。

上から見たときに左右に大きく広がる尾鰭は、まるで羽根を広げた蝶のように美しく惹きつけられます。

ブロードテール琉金はその美しさから最近人気が急上昇している金魚で、大きな鰭をなびかせて泳ぐ姿は大変美しく水槽を彩ります。

琉金の中でも横から見て楽しむならブロードテール琉金が一番でしょう。

人気ゆえに流通量は多く、入手もしやすいですが、価格は少し高額です。

中国産のものに優良個体が多いとされていますが、残念なことに輸入条例の変更によりなかなか出会えなくなってしまいました。

値段は8,000~1万円とかなり高額です。

まとめ

琉金は飼いやすく、種類もたくさんいますから、いくつかの注意点を押さえてさえいれば初心者にも楽しみやすい魚です。

ずんぐりむっくりの体形で、優雅に泳ぐ姿も癒されるでしょう。

派手な熱帯魚に人気が集まりがちですが、昔ながらの琉金も最近は和のお洒落感が見直され、その魅力が再発見されています。
まずは安価な素赤や更紗から飼育を始めるのがいいと思います。

関連記事:金魚の代表的な10種類それぞれの特徴、飼育難易度を紹介!

アドセンス




アドセンス




-琉金

Copyright© アクアリズム │ アクアリウム、水槽、熱帯魚等の情報サイト , 2018 AllRights Reserved.