リンク広告

スポンサーリンク


金魚と相性の良い水草はどれ?水草を入れる3のメリット

更新日:


金魚を飼育する水槽にも水草は必要です。
中には不要とする方もいますが、決してそんなことはありません。

水草を入れるメリットというのはいくつもあります。

ですが、水草も金魚同様生き物ですので、基本的な知識と維持、管理が必要になってきます。

むやみに水草をセットしても、食い荒らしてしまい、折角セットした水草が無残な事になったということはよくある話です。

そこで今回はそれらを踏まえた上で、金魚を飼う際に水草を入れるメリットと相性の良い水草についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

金魚に水草を与えるメリット

冒頭でも触れましたが、鉢、水槽であれど、金魚にも水草は必要です。

金魚に水草を与えるにはいくつものメリットはいくつもあるので、まずはそれぞれについて見ていきましょう。

メリット1 金魚のストレス軽減

水草を入れることにより見栄えが良くなることはもちろん、金魚の隠れ場所となりストレスを溜めない環境作りが出来ます。

水槽に何もない状態というのは、いわば私たちの家に外壁がない状態のようなもの。
金魚がストレスに感じてしまうのは想像に難くありません。

メリット2 水槽環境の維持

金魚の排泄物や餌の残りをバクテリアが分解したもの(リン酸など)が水草の栄養源となり、水質の安定、水槽環境維持に一役買ってくれます。

この分解されたリン酸を食べてくれる水草がないと、瞬く間に水槽環境が悪くなってしまいます。

水草の重要度というのは非常に高くなるのですが、この場合、水草のチョイスが非常に重要になります。

水草の中には金魚が食べてしまう種類のものがあるため、間違ったものを選ぶと水槽が綺麗になるどこか、食べ散らかされてしまい、余計に汚れてしまいます。
※オススメの水草は下記で紹介しています。

メリット3 産卵


水草といっても柔らかいものから硬いものまで様々です。

柔らかい水草は金魚にすぐに食べられてしまい、逆に硬すぎる水草は金魚の体にダメージを与えてしまうこともあるので、水草の選択には十分気を付けた上で上手くレイアウトすると金魚の産卵場所になります。

おすすめの水草

金魚に合う水草といっても種類は様々です。
まずは飼育環境に合った水草を選ぶことが必要です。

水槽や金魚鉢が置かれている場所によって水温や日照時間は変わってきますし、金魚の数や水槽の大きさ、日当たりや水温を考えて水草を選ぶことが重要です。

例えば、低温に強い水草なら四季のある日本でも安心して育てることが出来ます。
また日が当たらない場所に置くなら、強い光を必要としない陰性の水草を選ぶと良いでしょう。

水草を選ぶときには、育てやすく、お手入れのしやすい種類のもの、水草を育てる上で必要な二酸化炭素をあまり必要としない水草というのもお勧めです。

生長し過ぎた水草は逆に水質悪化の原因に繋がり、その度にトリミングというお手入れが必要になります。
生長の早い水草だと頻繁にお手入れしなくてはいけないので、あまり大きく生長しない種類のものを選択すると良いでしょう。

それでは、金魚と相性の良い水草について見ていきましょう。

おすすめの水草1 カボンバ


金魚に合う水草の代名詞、カボンバ

約20cm前後まで育ちます。
価格帯は300円台~600円台。

マツモやアナカリスと同様に金魚藻と呼ばれ、お馴染みの水草です。
光量が十分なら上に良く伸長し、濃い緑色の美しい繊細な葉が金魚を際立たせてくれます。

最適育成水温10~28℃と寒さにも強く、凍結さえしなければ屋外でも越冬は可能です。

生長速度はやや早めですが、トリミングでカットした部分を埋めなおすと増やすことが可能。
茎以外は柔らかく金魚の非常食としても活躍してくれ、隠れ場所や産卵床にもなり金魚の繁殖を考えている方にはお勧めの水草です。

アナカリス(和名オオカナダモ)


アナカリスはカボンバ同様、約20cmまで育ちます。

価格帯は300円台~600円台。

新芽は金魚に食べられることもありますが、金魚が産卵する水草にもなります。
金魚が居れば特に肥料の追加は必要なく二酸化炭素の添加も不要です。

光量も多くは必要としないため、とても育てやすい水草といえます。
非常に生長が早く、十分な光量があるとどんどん増えるので進んでトリミングする必要があります。

寒さにも比較的強いので、凍結さえさせなければヒーター無しでも育ちます。
透明感のあるライトグリーンの葉が美しく、水上に白い花を咲かせることがあります。

スポンサーリンク

マツモ


日本にも自生しているマツモ
10~30cm程度まで育ちます。

価格帯は400円台~800円台。

ふさふさとした尻尾のような姿と、環境適応能力が高く育成しやすいと人気の水草です。

金魚藻と呼ばれているくらいなので金魚に食べられてしまうことの多いマツモですが、非常に生長が早いので金魚に食い荒らされても適切な光量と二酸化炭素を添加すれば問題ありません。

水質浄化能力も高く水質悪化も防ぎ、栄養過多も防いでくれます。
ただし、急激な水温変化に弱いという弱点があります。

アヌビアスナナ

二酸化炭素、肥料の添加も無しでも十分育つアヌビアスナナ

約5~10cm程度で生長もゆっくりです。
価格帯は300円台~800円台。

アヌビアスナナの丈夫な葉は金魚に食べられることはありません。

初心者向け水草の代表で、強い光量も必要無く流木などに活着させるレイアウトも可能です。
どんな飼育環境でも対応可能ですがマツモ同様、急激な温度変化には弱いため注意が必要です。

ホテイアオイ


屋外で金魚を育ててる方にお勧めのホテイアオイ

7~12cm程度まで育ちます。
価格帯は100円台~600円台。

浮袋のような葉が特徴的な水草です。

金魚鉢に浮かんでいる水草ではポピュラーな種類で屋外で飼育されている金魚やメダカの隠れ場所や産卵床として多く使用されています。

光量を必要とするため屋外飼育にお勧めの水草です。
綺麗な青紫の花を見ることが出来ます。

ただし、寒さには弱いので、冬場は注意してください。

金魚にオススメの水草ではありますが、日照が必要、冬の屋外は苦手という弱点があるということは覚えておいてください。

まとめ

水草は金魚にとって必ずしも必要なものではありませんが、飼育環境に合った水草を選ぶことで金魚の隠れ場所や産卵場所になり金魚のストレスを軽減してくれます。

また水質の安定や水中の酸素を良好に保ってくれるので金魚だけでは、ちょっと寂しいと思ってる方、一度水草を入れてみてはどうでしょうか。

関連記事:金魚の代表的な10種類それぞれの特徴、飼育難易度を紹介!

アドセンス




アドセンス




-水草, 金魚

Copyright© アクアリズム │ アクアリウム、水槽、熱帯魚等の情報サイト , 2018 AllRights Reserved.