リンク広告

スポンサーリンク


ピラルクの飼育は本当に可能?大きさ、餌の量、水槽の大きさはどれぐらい?

更新日:


ピラルクはアマゾン川に生息する巨大な魚で、横長の頭部と縦長の丸みを帯びた胴体を持ちあわせています。
ヒレが体の後部に集中しており、古代魚としての威風を漂わせる独特な形態を持っています。

「世界最大」の謳い文句で水族館などでも人気のピラルクですが、個人での飼育への挑戦は可能なのか、その壁の高さを、アクアリストならば押さえておきたいところです。

ピラルクの特徴の最たるところはやはりその大きさですので、ここでは大きさに着目して飼育の壁の高さを紹介します。

スポンサーリンク

ピラルクってどんな魚?


ピラルクは生きた化石とも呼ばれ、シーラカンスと同様に1億年以上前からほとんど姿を変えていない魚です。

さらに、ピラルクは世界最大の淡水魚としても知られ、過去には4~5mに及ぶ個体も存在していました。

アロワナ科に属しているため、アロワナ同様大きな口を持っています。
また、肺魚と呼ばれる仲間にも属しており、エラだけでなく肺でも呼吸することができます。

飼育はできる?


ピラルクは先ほど述べたように熱帯魚の中でも大型な種類のため、飼育するには将来的に3m幅の水槽を用意しなければなりません。

水槽の設置場所・水槽の値段(3mクラスの水槽は100万円を超えます)・飼育コスト(餌代、水槽管理)など、一般家庭での飼育のハードルは非常に高いと言えます。

飼育に必要な水槽の大きさ

熱帯魚ショップでは幼魚の状態で売られていることが多いため、初めのうちは90cm水槽でも飼育はできます。

しかし、2~3年もたつと1mを超え、その後も毎年20cmくらいずつ成長していき、最終的には3mクラスの水槽が必要になります。

飼育に必要なもの

基本的に一般的な熱帯魚に必要な道具をサイズアップしたものが必要になります。

繰り返しになりますが、水槽は幼魚の時は90cmでもよいですが、最終的には3m以上でないと入りきらなくなります。

したがって、飼育の道具以前に、まずは3m水槽を置くスペースがあり、水を入れたときのトン単位の重量に耐えられる場所(補強工事)が必要です。

次に温度管理ですが、水中ヒーターで3m水槽用のものは販売されていないため、水槽のある部屋をエアコンによって管理する必要があります。

ちなみに現在販売されているヒーターは、最大出力500wで250ℓ以下(120cm水槽)用のもので、これを3つ投入するという手もありますが、電気代がかさみますのでエアコンでの温度管理をおすすめします。

また、フィルターはオーバーフロー式というものがおすすめです。
大型魚のように、水槽のサイズも大きく、水をすぐ汚してしまう熱帯魚に向いています。

餌は何を食べる?

野生では小魚を捕食して食べているように、肉食ですので生き餌への食いつきがよいです。
ただし、昆虫は食べません。

飼育資金に余裕がなければ人工飼料での飼育も可能ですが、生き餌に慣れてしまうと食いついてくれなくなります。

人工飼料で飼育するならば生き餌は控えめにしたほうがよいでしょう。

生き餌を食べられるようになるまでの幼魚時代は、冷凍アカムシか人工飼料で育てます。

人工飼料メインで飼育していきたくても、最初は食べてくれないこともあるので、その場合は冷凍アカムシをメインにし、徐々に人工飼料に慣れさせていってみてください。

コストを気にせずに生き餌で飼育していくのであれば、幼魚のうちは金魚やメダカを一緒に泳がせておくと、お腹がすいたときに勝手に食べてくれるので楽です。
さらに大きくなれば、ドジョウをも食べられるようになります。

スポンサーリンク

餌の量はどれぐらい?

身体が大きいが故、餌の量も他の魚とは比較にならず、成魚にもなると1ヵ月で10㎏もの餌を食べます。

幼魚でも、一日にアカムシ5~10ブロックほどを食べます。
多量の餌を食べて長生きしますので、生き餌メインで飼育するにしても、人工飼料をある程度併用することをおすすめします。

なお、餌の量が少なすぎて痩せてしまうと環境の変化に弱くなります。
大型化を懸念して餌を控えたりしないようにしてください。

水質環境

水温は25度前後、pHは6~7程度を保つように気を付けてください。

水質の悪化は食欲の減退を招きます。
また、水換えの際は急激な温度変化によるストレスや病気を避けるため、水温を水槽内の温度に近づけてから換えましょう。

どんな性格?


野生のピラルクが身の危険を感じて水面から勢いよく飛び出し、ボートを転覆させたなどの事故例があることから、性格は臆病なところがあると分かります。

人に突撃した死亡事故もあるほどに巨体通りの衝撃があるので、飼育する水槽はかなり頑丈なものでなければなりません。

寿命

寿命は平均15年で、中には20年と長生きした例もあります。

ただし、これは水族館での例や、自然下で暮らしていた個体のもの。
仮に環境が整って家庭内で飼育できたからといって、同程度の長生きは期待できません。

価格

幼魚~20cmほどの大きさのもので、一万円前後の値段で購入できます。
それ以上になると、大きさや状態によって数万円~十数万円ほどの値段になり、特に希少な色合いのものになると100万円を超えてきます。

どこで購入できる?

熱帯魚の専門店やインターネット通販などで購入できます。
ただ、特定の流通ルートでないと巡り合う機会はありません。

以前までは通販で購入することが出来ましたが、ここ10年で見ると、市場に出回ることはほとんどありません。

まとめ

ピラルクの飼育は、初期投資もランニングコストも、熱帯魚のなかでは最高クラスです。

飼育方法以前に、その巨体をゆったりと眺められるほどの広いスペースが必要になりますので、一般家庭での飼育の敷居は非常に高いです。

購入前の検討が不十分なまま余裕のない大きさの水槽で飼育してしまっては、魚にはストレスですし奇形につながりかねないなど、ピラルクにとっても飼育者にとっても不幸な結果しか生みません。

個人飼育が絶対に不可能な魚ではありませんが、入念な準備と20年間という長い飼育期間を念頭に置いて飼育の是非を検討してください。

アドセンス




アドセンス




-ピラルク

Copyright© アクアリズム │ アクアリウム、水槽、熱帯魚等の情報サイト , 2019 AllRights Reserved.