リンク広告

スポンサーリンク


怪魚、スネークヘッドの飼育方法~混泳に適した魚とオススメのレイアウト

更新日:


ヘビに似た残忍そうな顔なのに、意外と人懐こくて、見た目もきれいなスネークヘッド。
もっと可愛い名前にしておけば良かったのにと、同情しちゃいます。

このスネークヘッド、古代魚のような風格もあって、飼育する人もけっこういるのです。
初心者でも飼えるというのですが、どんな方法で育てるのかここで勉強してみましょう!

スポンサーリンク

スネークヘッドってどんな魚?


スズキ目タイワンドジョウ科の淡水魚スネークヘッドは、日本ではライギョ(雷魚)と呼ばれ、本来は中国や東南アジアにいたのですが、今は日本の湖沼でも見られます。

大きいものは1mにもなり、釣り師のライバルとして果敢なファイトもしますけれど、小さなものは色も美しく、生産地によって種類もたくさんあるので、観賞魚としても大変人気があります。

関連記事:スネークヘッドの種類とそれぞれの特徴は?価格に差はある?

スネークヘッドの飼育方法

観賞魚として飼育されるスネークヘッドは、15~30cmのものがほとんどです。

初心者でも飼えるとはいえ、かなり大きめの熱帯魚といえますね。
この迫力が魅力なのですが、扱いは少し難しくなります。

基本的には丈夫ですから心配はないでしょうが、注意するポイントをいくつか挙げてゆきたいと思います。

水質&水槽環境


スネークヘッドはやや弱酸性の水を好みます。

日本でも自然にいる魚ですから、水温は低めでも大丈夫なのですが、25℃前後にしておくと快適なのではないかと思います。

15cm程度のものなら、30cmサイズの水槽でも飼うことができます。ただ、あまり狭いのは魚にもストレスとなり、45~60cm水槽のほうがお勧めです。

スネークヘッドは口から呼吸することができて、陸上でもしばらくは生きられます。水位を低めにして、水面の空気も吸えるようにしておくといいでしょう。生餌で水も汚れやすく、ろ過機も必要です。

スネークヘッドを飼育するにあたって初心者にとって難しいのが餌です。

幼魚であれば人工飼料でいいのですが、成魚はバリバリの肉食系なので、メダカなどの小魚を生餌にすることもあります。
他には冷凍アカムシ、イトミミズなどが主食となるでしょう。

成魚でも人工飼料に慣れると食べるようになります。

スネークヘッドは個体によって好みがうるさいところがあり、人工飼料に見向きもしない魚もいます。慣れさせるのには苦労するかもしれません。

もともと食い意地は張っている魚ですから、餌に慣れてしまえば順調に育ってくれるはずです。

飛び出しに注意

スネークヘッドに多いのが飛び出し事故です。

水面からジャンプして、外に飛び出してしまうのですね。

口から呼吸できるスネークヘッドですから、しばらくは大丈夫なのですが、体を打ちつけた衝撃でサヨナラということもありますから、水槽は絶対に蓋のできるものにしてください。

もし飛び出しても元気そうなら、すぐ水に戻さなくてはなりません。
長時間も外にいると、生きていてもばい菌などがついてしまい、健康上、よくありません。

スポンサーリンク

混泳にオススメの魚&レイアウト


人馴れするスネークヘッドも、獰猛な魚であることは変わりません。
攻撃的な面もあり、混泳には注意が必要となります。

まず、小魚は餌にされてしまうので不可能です。

ある程度大型のエンゼルフィッシュのような熱帯魚と一緒にすることは不可能ではないのですが、攻撃することもあり、あまりお勧めできません。

同種のスネークヘッドを2、3匹入れることはできます。
それでも相性が悪ければケンカになるでしょう。単独で飼うのが、修羅場を見ないで済みそうですね。

水草を掘り起こすことがあるので、影ができて隠れられる程度の少なさで構いません。
石なども多めでなければいいでしょう。

価格


幼魚であれば千円以下、成魚でも2千円から3千円程度の価格で購入することができます。

怪魚といわれるスネークヘッドの取引は昔は高額でしたが、観賞魚として人気が高まり、需要が伸びるにしたがって、今では手頃な値段で購入することができます。

中には数万円もする希少種もあることはあるのですが、たいていのものならお小遣いくらいの出費で購入できます。

寿命


スネークヘッドの寿命は5年~10年です。
観賞魚としては長寿ですかね。

ただし、成魚から飼う場合、すでに何年か生きているわけですから、3年くらいでお別れしちゃうこともあります。

幼魚からなら長くつき合えるかもしれませんが、幼魚はまだ体も丈夫ではなく、成魚以上にお別れの確率が高い面があります。
どちらを飼い始めるか迷うところですが、しっかりと飼育できるかどうか、飼い主の腕前次第です。

まとめ

初心者でも飼えるといわれるスネークヘッドも、いい加減な飼い方ではやはり上手くいきません。

下手な飼い方は寿命も短く、色合いも悪くなります。
住みやすい環境作りにいつも気を配って、元気に長生きしてもらいたいものです。

アドセンス




アドセンス




-スネークヘッド

Copyright© アクアリズム │ アクアリウム、水槽、熱帯魚等の情報サイト , 2018 AllRights Reserved.