リンク広告

スポンサーリンク


魚なのに皮膚呼吸を行うトビハゼ、飼育はやや難しめ!水質&水槽環境とオススメの餌

更新日:


「マッドスキッパー=泥の上を飛び跳ねるもの」の別名をもつトビハゼ。

ぴょんぴょんと飛び跳ねるその姿はとても愛らしく、発達した胸びれを手足のように使い、泥の上を自由に動き回ります。
トビハゼは主に海水と淡水が混じりあった河口の泥の多い汽水域に生息します。

そんな、ちょっと変わった可愛い熱帯魚トビハゼの特徴、飼育方法についてまとめてみました。

関連記事:トビハゼの飼育で気を付けたいこと~呼吸方法、寿命、ムツゴロウとの違いとは?

スポンサーリンク

トビハゼの生態・特徴

トビハゼの大きな特徴といえば、陸上生活を行うこと、汽水域生息であることです。
吸盤状の胸びれをもつトビハゼは流れの速い場所でも石にくっつくことができ、発達した胸びれで体を推進させることで陸上生活を可能にします。

また、トビハゼの目は上に飛び出すようについているのですが、これにより両目、視野の範囲では物を立体的にとらえることもでき、広い範囲も目を少し動かすだけで見ることもできます。

そして生息域である泥の多い干潟は水があまりありませんので、トビハゼはエラ呼吸ではなく皮膚呼吸を行います。
この皮膚呼吸を行う際、体全体が湿っていなければなりませんので、水を含んだ泥に体をこすりつけて乾燥を防ぎます。

また、海水と淡水が混ざり合っている汽水域の魚なので、ある程度の偏った汽水濃度には耐えることができるのですが、トビハゼを長生きさせるためには海水の割合を全体の25~30%にした汽水を用意してあげるようにしましょう。

日本にはムツゴロウ、ミナミトビハゼ、トカゲハゼなどトビハゼの仲間が多数、生息していますが、近年、干潟の埋め立てなどにより生息数は少なくなっており、絶滅危惧種に指定されている種もいます。

トビハゼの飼育方法

通常の熱帯魚とは違い、魚でありながら水を嫌いますので少ない飼育水で水槽内には「陸地」を用意してあげる必要があります。

水槽内の水が少ないということは水質や水温が変わりやすいので、初心者にとっては少しハードルの高い熱帯魚ですが、しっかりと水槽管理を行えば寿命は4年程度となります。

また、ぴょんぴょんと飛び跳ねる姿は可愛らしいですが、腹びれが吸盤状になっていることから水槽の壁面を上り、水槽から飛び出ることもあります。
蓋をして隙間はスポンジで埋めるようにしましょう。

このように普通の熱帯魚の飼育とは違う点がありますので、飼育前のリサーチをしっかり行い、大切に育ててあげてください。

それでは詳しい飼育方法をご紹介していきたいと思います。

水槽&水質環境

水槽の大きさはトビハゼ1匹に対して15~20cm、水深は10cm程度が適切です。

トビハゼは大半を陸地で過ごしますので、岩や泥の陸地が必ず必要となります。
中でもオススメは泥

泥を用意するのは大変かもしれませんが、トビハゼのストレスを軽減し、泥の中のバクテリアが食べ残しを分解してくれたりと様々な恩恵があります。
可能であれば用意をしてあげましょう。

エアレーションは水質維持のためにもあったほうがいいですが、水流を嫌いますので弱めに設定します。

また生息地の汽水域を再現するため、人工海水の素を使用して飼育水全体の25~30%は海水をまぜてあげましょう。

水質は弱アルカリ性(PH7.5~8)を目安にしてください。
水温については種類によって異なりますので、亜熱帯に生息する種の場合は用意してあげましょう。

トビハゼは皮膚呼吸を行うことから水質の悪化に弱いので、足し水と水替えはこまめに行ってあげてください。

スポンサーリンク

混泳にオススメの魚

トビハゼは汽水かつ少ない水で生活することから、一般的な熱帯魚との混泳は難しいです。
縄張り争いをしない程度に同種を混泳させることはできます。

トビハゼは自然界では甲殻類などを食べていますが、口に入れば何でも食べてしまう雑食性ですので、フレーク状の人工配合飼料や冷凍赤虫、クリルなどを与えます。

飽きやすい性格なので、食いつき方に応じて種類を変えてあげましょう。
冷凍赤虫は喰いつきもよく、慣れれば手からも食べてくれるようになりますが、与えすぎると栄養失調や水質の悪化を招きますので、気を付けてください。

どうしても人工配合飼料を食べてくれない場合は冷凍赤虫を混ぜて与えてみましょう。

まとめ

ぴょんぴょんと飛び跳ね、泥に体をこすりつけるなど可愛らしい姿を見せてくれるトビハゼは魅力十分ですし、ちょこんと上に飛び出した目はユーモラスで、表情豊かに見えます。

通常の熱帯魚とは飼育方法が異なりますので、初心者には若干ハードルが高いですが、愛情を注げば人にも慣れてくれます。
普通の熱帯魚の飼育では物足りなくなった方はこの機会に飼育を始めてみてはいかがでしょうか。

アドセンス




アドセンス




-トビハゼ

Copyright© アクアリズム │ アクアリウム、水槽、熱帯魚等の情報サイト , 2018 AllRights Reserved.